飲食店によくある店舗内装の一覧

居酒屋や立ち食い店の店舗内装の特徴

ファーストフード店の店舗内装の特徴居酒屋や立ち食い店の店舗内装の特徴回転ずしやカフェの店舗内装の特徴

フロアの調光はやや明るいオレンジで、照らすように照明がついています。
立ち食い店では、椅子の無い立ち食いテーブルを用意していて、店舗自体がとても狭まっている場合が多いです。
ある店舗では、壁から丸く半透明な仕切りをつけ、テーブルもそこに沿わせることで、カウンター面積にゆとりを持たせながら、個性的な内装を実現し、お客さん同士の顔を見合わせることがないような工夫がされていました。
テーブルの上には等間隔に調味料や割りばしが置かれ、水が入ったジョッキが置かれていることもあります。
入り口には特にのれんが使われていることが多いでしょう。
回転ずしの店舗で特徴的なのは、板前さんを取り囲むように寿司が流れるレーンが走っていることです。

店舗内装・デザイン・施工のエイケー3DCGによるパース制作の提供を開始 https://t.co/INzhX6bQHx pic.twitter.com/xLBRGKAJTG

— PR TIMESビジネス (@PRTIMES_BIZ) July 20, 2020
最近ではレーン上に設置したタッチパネルによる注文受付も増えています。
レーンの色は白が多く、それを上に備えるけられた蛍光灯が照らしているのです。
レーンに沿うように机が横付けされ、そこにお茶を入れるための給湯口や、お茶粉、箸や醤油などが集約しておいてあります。
内装は和風でありながら、明るく、肌色に近い色の木が使われていて、ボックス席の他にカウンター席もありますが、どちらも座る部分はクッションです。
お皿の色ごとに値段が変わるので、お皿をプリントしたパネルを代金表として扱い、その横にそのお皿で運ばれるメニューが書かれています。