飲食店によくある店舗内装の一覧

ファーストフード店の店舗内装の特徴

飲食店と言えば、ファーストフード店や、居酒屋に、麺類から丼ものまでを提供する立ち食い専用店が挙げられます。
その他にも、持ち帰りでの提供中心の店舗型アイスクリーム店やカフェ、家族向けの回転ずしも身近です。
そういった印象的な店舗内装の一覧をご紹介します。
ファーストフード店の食事スペースでは、壁紙に差し色のように赤や黄色を使い、そこに英単語を並べ、お洒落な雰囲気を出していました。
机や椅子の周りに使われる木の色は明るいと肌色に近く、暗い色を使うブランドは赤みのある褐色に近い色が使われている印象で、白も多用することから、全体的に明るく清潔感があるでしょう。
調光も白が多く、店内全体を明るく照らしますが、電球にはカバーが掛けられたり、覆われています。
一方で、居酒屋は木の形を強く残した個性ある机を使い、暗い黒茶色のような濃い色を使っている印象です。
その他にも日本らしいモチーフが多く使われています。
座敷の個室を用意しているときは、畳である場合が多いです。
土壁や障子が個室ごとを隔て、暗い赤や青色の座布団が用意され、電灯は落ち着いたオレンジ色で暖かみがあります。
フロアに置かれた見晴らしのいい座席である場合は、肩ほどまである高さの仕切りで座席ごとを隔てられ、座席は木の椅子ですが、机と同じような素材や色が使われているでしょう。

ファーストフード店の店舗内装の特徴居酒屋や立ち食い店の店舗内装の特徴回転ずしやカフェの店舗内装の特徴